畑のオバサン 19日目

7月14日 火曜日 晴れ 30度 9:30~1:00

ようやく真夏日になった。でも暑がりの私はちょっぴりしかめっ面。
10時から例年の、農業改良普及センターから講師が2名の栽培技術相談会があった。
各畑を助言をしながらまわってくれる。

私はオクラと芽キャベツのことで質問した。
隣の畑の物知りの男性が、うちのオクラが黄色い葉をつけているのを見て病気になっている。
切ったほうが良いと言われ、すぐはさみで切ったが、病気では無く新芽だったのだ。
葉っぱさんゴメンナサイ。

芽キャベツの葉が全部ちぢんでいた。前に一本だけちぢんでいて、水不足だと思い畑に
行くたびみずやりをしていた。
この状態は 根こぶ病の時になるという。しかし同じミニハウスのブロッコリーときゃべつは
なんでもない。近くに植えたかぶも何でもない。という事は気温のせいではないか。
芽キャベツは高温の影響を受けやすいらしく、病気でないとわかってとにかくホット!した。

場所を替えて質疑応答になったが、2・3名の質問と講師の話が終わったら、司会の
自然の村の職員が予定の時間を40分も残し、ではこれで と打ち切ってしまった。
肥料のこと 虫や病気対策など、特に初めての人は聞きたいことがあったと思うので
もう少し配慮をしてほしかった。

2日間の間を置いただけですいかの大きさが目につくし、他の物もぐんと伸びている。
やはり夏は 暑いあついとグチがでるほどでなければ・・・
[PR]

by isihana | 2015-07-15 19:05